いじめは犯罪だ!! 町田市立忠生第三小学校・いじめ裁判〔どんと来-い〕
いじめは人が本来持っている、命の尊厳や誇り存在を徹底的に否定する犯罪行為です。町田市忠生第三小学校でも、長年「死ね」「消えろ」の暴言、暴力行為が絶えず、多くの子が傷つき転校していきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

【東京調布市公立中学】中3男子5人、女子に強制わいせつと脅迫。被害生徒だけ不利益

【東京調布市公立中学】中3男子5人、女子に強制わいせつと脅迫。被害生徒だけ別室授業で音楽最低評価・・・・理不尽すぎる対応・・・読売新聞より引用


・調布市の市立中学で男子生徒らから強制わいせつの被害を受けた3年生の女子生徒が
 3か月間、別の部屋で1人学習を余儀なくされ、通知表で一部教科が最低の1に落ちていた  ことがわかった。女子生徒の父親は「志望校を変えることになった。被害者の不利益が  大きすぎる」と訴えている。
 男子生徒ら5人は2006年9月から知人宅へ女子生徒を呼び出し、携帯電話で上半身裸の  写真を撮影、「ばらしたら写真をばらまくぞ」などと脅していた。
 昨年9月になって娘の異変に気づいた父親が学校に相談。通報を受けた捜査機関は
 12月に男子生徒4人を強制わいせつ、1人を脅迫で家裁送致した。

 学校側は父親から相談を受けた際、「まず警察で調べるので、学校としては男子生徒を
 処分できない」として、女子生徒に別室に移って勉強するよう勧めた。その後、男子生徒が 家裁送致されるまで、女子生徒が普通の授業を受けられない状態が続いていた。

 女子生徒はクラス全体で活動する音楽などには出席できず、音楽の成績は1まで
 下がった。父親は「内申点が悪くなり、都立高の受験をあきらめて私立に進むことに
 なった。被害者側が、なぜここまでつらい思いをしなければならないのか」と訴えている。
 男子生徒らは保護処分の措置を受けるなどした後、学校に戻り、卒業したという。
 学校の対応について、同市教委は「別室には必ず教員を配置した。女子生徒を1人に
 したことはなく、十分だったと考える」としているが、父親は「誰もいない部屋でのプリント  学習も多かった」と話し、主張は食い違っている。
 学校教育法によると、出席停止措置は、教室で騒ぐなど多数の生徒が正常に学習できない  状態にとられる。市教委は「1人が迷惑を受けている状態では、なかなか男子生徒の
 出席停止には踏み切れなかった」と話している。
 教育評論家の尾木直樹・法政大教授は「司法的な責任と教育の責任は全くの別物。
 被害者を守るために、すぐにでも加害生徒を別室に移すなど毅然(きぜん)とした対応が
 必要だった」と指摘している。読売ラインは、既に削除 3月28日東京武蔵野版
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20080328-OYT8T00123.htm
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/03/31 08:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いじめ裁判・訴訟・・最高裁判所へ・東京高裁抗告理由全文・町田市立忠生第三小学校・・ | ホーム | 負けたらあかん ! 震災・いじめ・進学・ホーム突き落とし事件の少年>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ゆうみ

Author:ゆうみ
いじめの問題に取り組んでいます。何かお気づきのことがあれば教えてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。