いじめは犯罪だ!! 町田市立忠生第三小学校・いじめ裁判〔どんと来-い〕
いじめは人が本来持っている、命の尊厳や誇り存在を徹底的に否定する犯罪行為です。町田市忠生第三小学校でも、長年「死ね」「消えろ」の暴言、暴力行為が絶えず、多くの子が傷つき転校していきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

60年間も中国がチベットに居座ったことが問題だ・・・・

60年間も中国がチベットに居座ったことが問題だ・・チベット制圧中国政府

過去、スターリンは、強大な軍事力を背景に、ポーランドや、チェコスロバキア等の東欧諸国の国民の自由を奪い長年に渡って、前記国家・国民を散々痛めつけた。とりわけ、プラハの春は、残念無念だ。自由の為に武装蜂起した市民、チェコ軍隊も加わった・・しかし何千両というソ連の戦車等の圧倒的な軍事力の前には為すすべもなく、ソビエト連邦からの独立は、赤子の手をひねるように潰されてしまった。


大国と少数民族国家では、後の、ロシアとチェチェン、中国とチベットというように、結局は大国のやりたい放題になる。今回、ダライ・ラマに対する批判を紙に書けと強制した中国当局に対抗して、平和的に400人の僧侶らが静かに抗議していた。その僧侶らが不当に拘束されてしまった。僧侶ら50人の釈放を求める市民の抗議が一部の市民らの暴走に発展してしまった。狙われたのは、中国銀行・中国人が経営している商店だった。さらに中国国旗まで燃やされた。・・いかに中国の支配に大きな不満が蓄積されていたか証明された。


中国は、多数の中国人を移民させて、次々とチベット人の生活環境を奪うような施策をとってきた。これでは、チベット民族の憎しみのを買うばかりだ。中国政府はそろそろ、10年計画くらいで、チベット国の独立へ向けた支援に徹するべきだ。その方が、中国の国際的な評価もかなり高くなる。理不尽な軍事力でチベットを併合し、中国の権益の為に60年間もチベット国に居座ったことが問題の本質だ。


参考資料・・ロシアとチェチェン共和国・・ウイキペディアより引用


ロシアの憲法上ではロシア連邦を構成する連邦構成主体のひとつである。しかしソビエト連邦解体後、チェチェンの独立を求める武装勢力と、ロシア政府及びロシアへの残留を主張するチェチェン人勢力との間で現在も紛争が続いている。
劣勢の独立派はテロリズムに走っているといわれており、独立派の関与したとされる事件は、犯行声明が出されているものだけでも2002年10月のモスクワにおけるドゥブロフカ劇場占拠事件、12月のグロズヌイの行政府ビル爆破事件、   2003年6月のモスクワ野外コンサート会場爆破事件、2004年5月のカディロフ大統領暗殺事件、8月の旅客機同時ハイジャック事件、モスクワ地下鉄駅付近爆破事件、9月の北オセチア共和国ベスランにおけるベスラン学校占拠事件などがあり、枚挙に暇がない。

プーチン政権もただ手をこまねいていただけではなく、2005年11月には共和国議会選挙が行われ、ロシア政府は「チェチェン紛争の政治的解決プロセスの総仕上げ」としてこの結果を評価した。これに対しては正常化に向けた前進と評価する意見が存在する一方、独立派はロシアによる一種の「翼賛選挙」と強く反発している。

また2006年10月には、ロシア政府のチェチェン政策を批判して来たロシアのジャーナリストであるアンナ・ポリトコフスカヤが何者かに暗殺された。ロシアでは近年、著名人やジャーナリストなどの暗殺・暗殺未遂事件が相次いでいる。

スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/03/24 13:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<岡山駅の突き落とし少年・・震災といじめが追いうちをかけたのか | ホーム | 60年間も中国がチベットに居座ったことが問題だ・・>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ゆうみ

Author:ゆうみ
いじめの問題に取り組んでいます。何かお気づきのことがあれば教えてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。