いじめは犯罪だ!! 町田市立忠生第三小学校・いじめ裁判〔どんと来-い〕
いじめは人が本来持っている、命の尊厳や誇り存在を徹底的に否定する犯罪行為です。町田市忠生第三小学校でも、長年「死ね」「消えろ」の暴言、暴力行為が絶えず、多くの子が傷つき転校していきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

町田市立本町田中学校・荒れる教室の原因は何なのか

町田市立本町田中学校(校長依光志法)・荒れる教室の原因は何なのか

***本件いじめ裁判は、2010年3月18日東京地裁立川支部において、和解により終結しました。東京都を除く、町田市他の被告4者は、いじめの事実をみとめ、謝罪し、それぞれが賠償金を支払う。また、原告も和解条項に従い町田市立忠生第三小学校に係る損害賠償事件の当事者の実名を削除することになりました。****** 尚、記事については事実に基づいて記しているため何ら違法性はありませんが・・・現在の本町田中学は、来年廃校になるため、下記、記事を記した状態とは大きく変わって大変落ち着いています。

私がブログをはじめた動機は不純だ。心底書きたいと思った事はあまりない。最大の動機・・理不尽な学校で起きた事件の事を公に主張し続ける事。テレビや新聞は、話題性がないと報道しない。裁判で言えば、提訴と判決が出たときぐらいしか報道されない。学校訴訟において関係者の実名が報道される事はほとんどない。学校の設置者である市町村名、よくて教育委員会の名前ぐらいだろう。

報道機関は、教育的配慮をしているつもりだろうが・・これは逆効果の可能性もある。実名を出される事によって、責任の所在が明確になるし、公人の職務上の名誉が制限されているのは、不都合や隠蔽を防止する意味もある。実名が出される事により責任の所在・その自覚が明確になり真剣に努力をせざるを得なくなる。要は、学校裁判は、行政対個人の争いになり、弱い立場の個人は圧倒的に不利で泣きを見る。私は、最初から行政と争うときには、裁判と平行して責任を負うべき関係者の実名を出す事が重要だと考えていたがこれはリスクも伴うが基本的に間違いない。

また、行政は人の税金で、顧問弁護士乃至行政専門の弁護団を雇って延々と争うから
長期化を望む場合も・・そのうち裁判の事は世間から忘れられるから都合がいい。はっきりいって痛くも痒くもない。これが身銭をきって弁護人を雇うとなると別問題だが。周りも「バカな裁判いつまでやってたの」・・大体その程度の認識。・・現場の教員にとって、学校名や実名が出されなければ他人事だ・・せいぜい怖いのは証人尋問ぐらいか・・それも尋問事項書で相手が聞いてくることはほぼ分かるから・・・弁護士らの指示をうけて何度も尋問の練習をしてくる・・相場としてはプライバシーを前面に出し証言拒否をしてくる事もあるだろう。・

 さらに、そのうち転勤してはハイさいなら・・・町田市の作文訴訟の場合もそうだったが・隠蔽、虚偽報告をおこなつた校長らは逆に出世している。・・・まさか、終わったと思った昔の事が・・今頃実名を出され・・当時の新聞まで疎明資料として東京高裁、最高裁第三小法廷【法律審だから最高裁は、読んで訴状と抗告状ぐらいが関の山だが・どっこい・・抗告審の部分に疎明資料をつけたから町田のつくし野中学の記事も読まれている可能性がないとは言えない・・】まで移送されているとは悪夢だろう。



 そういうわけで、反省がないから学校は低落し続ける。6月頃町田市立本町田中学校の学校公開があるというので休みを取って見に行った。3年の某クラスをはじめ英語とか数学・・その他・・可能な限りの教室を見て回ったが・・・



入った教室は驚いた・・授業が成立していない。教材のプリントで飛ばしたのだろう紙飛行機があちらこちらにおちている。寝ている子が数人以上・・教師の話はほとんど聞いていない・・・・教室はうるさい・・そのうちに紙ボールが蛍光灯にあたって「ガチャン」生徒も教員も感覚が麻痺している・・・・・

要するにこんな雰囲気で授業が進行しているのも心配だが・・生徒の人間関係にどんな悪影響がでているかの問題の方が深刻だと考える。



本町田中学の校長 ***先生、もう少し、平素から授業を良く見て欲しいと願っています。


学校の授業で実力がつかないから・・みんな塾にいかせている。今話題の学力テストの力は、学習塾で学んだ成果か教員の授業力によるものかはっきりしない。偉そうにテスト結果をエクセルをつかってデータで表示する。そんな事はアルバイトの事務屋でも出来る仕事だ・・ばかばかしい。勉強できないのは努力が足りないと常套手段か・・高校入試を光圀の印籠みたいに出して・・ほとんどの親を黙らせる。東京で公立離れが加速している意味が良く分かった。勉強は、家か塾で教えるしかない。

そういえば、入学式の国歌も校歌も・・歌っている生徒はほとんど皆無・・・・国歌は歌うのがおかしいというような雰囲気。東京都教育委員会は、3月の卒業式で一度、直接確かめられたらどうでしょうか。



何も大声を張り上げて歌う必要もないが・・全く、国歌を歌う声が響いてこない・・こんな事でいいのか・・・教育長の****氏は、真摯に取り組んでおられると思えないか。



いずれにしても、どういう風に指導すればああなるのか・・知りたいものだ。

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【2008/09/10 05:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)

町田市立本町田中学校・荒れる教室の原因は何なのか

町田市立本町田中学校・荒れる教室の原因は何なのか

私がブログをはじめた動機は不純だ。心底書きたいと思った事はあまりない。最大の動機・・理不尽な学校で起きた事件の事を公に主張し続ける事。テレビや新聞は、話題性がないと報道しない。裁判で言えば、提訴と判決が出たときぐらいしか報道されない。学校訴訟において関係者の実名が報道される事はほとんどない。学校の設置者である市町村名、よくて教育委員会の名前ぐらいだろう。

***本件いじめ裁判は、2010年3月18日東京地裁立川支部において、和解により終結しました。東京都を除く、町田市他の被告4者は、いじめの事実をみとめ、謝罪し、それぞれが賠償金を支払う。また、原告も和解条項に従い町田市立忠生第三小学校に係る損害賠償事件の当事者の実名を削除することになりました。****** 尚、記事については事実に基づいて記しているため何ら違法性はありませんが・・・現在の本町田中学は、来年廃校になるため、下記、記事を記した状態とは大きく変わって大変落ち着いています。


報道機関は、教育的配慮をしているつもりだろうが・・これは逆効果の可能性もある。実名を出される事によって、責任の所在が明確になるし、公人の職務上の名誉が制限されているのは、不都合や隠蔽を防止する意味もある。実名が出される事により責任の所在・その自覚が明確になり真剣に努力をせざるを得なくなる。要は、学校裁判は、行政対個人の争いになり、弱い立場の個人は圧倒的に不利で泣きを見る。私は、最初から行政と争うときには、裁判と平行して責任を負うべき関係者の実名を出す事が重要だと考えていたがこれはリスクも伴うが基本的に間違いない。

また、行政は人の税金で、顧問弁護士乃至行政専門の弁護団を雇って延々と争うから
長期化を望む場合も・・そのうち裁判の事は世間から忘れられるから都合がいい。はっきりいって痛くも痒くもない。これが身銭をきって弁護人を雇うとなると別問題だが。周りも「バカな裁判いつまでやってたの」・・大体その程度の認識。・・現場の教員にとって、学校名や実名が出されなければ他人事だ・・せいぜい怖いのは証人尋問ぐらいか・・それも尋問事項書で相手が聞いてくることはほぼ分かるから・・・弁護士らの指示をうけて何度も尋問の練習をしてくる・・相場としてはプライバシーを前面に出し証言拒否をしてくる事もあるだろう。・

 さらに、そのうち転勤してはハイさいなら・・・町田市の作文訴訟の場合もそうだったが・隠蔽、虚偽報告をおこなつた校長らは逆に出世している。・・・まさか、終わったと思った昔の事が・・今頃実名を出され・・当時の新聞まで疎明資料として東京高裁、最高裁第三小法廷【法律審だから最高裁は、読んで訴状と抗告状ぐらいが関の山だが・どっこい・・抗告審の部分に疎明資料をつけたから町田のつくし野中学の記事も読まれている可能性がないとは言えない・・】まで移送されているとは悪夢だろう。



 そういうわけで、反省がないから学校は低落し続ける。6月頃町田市立本町田中学校の学校公開があるというので休みを取って見に行った。3年の某クラスをはじめ英語とか数学・・その他・・可能な限りの教室を見て回ったが・・・



入った教室は驚いた・・授業が成立していない。教材のプリントで飛ばしたのだろう紙飛行機があちらこちらにおちている。寝ている子が数人以上・・教師の話はほとんど聞いていない・・・・教室はうるさい・・そのうちに紙ボールが蛍光灯にあたって「ガチャン」生徒も教員も感覚が麻痺している・・・・・

要するにこんな雰囲気で授業が進行しているのも心配だが・・生徒の人間関係にどんな悪影響がでているかの問題の方が深刻だと考える。



本町田中学の校長 *****先生、もう少し、平素から授業を良く見て欲しいと願っています。


学校の授業で実力がつかないから・・みんな塾にいかせている。今話題の学力テストの力は、学習塾で学んだ成果か教員の授業力によるものかはっきりしない。偉そうにテスト結果をエクセルをつかってデータで表示する。そんな事はアルバイトの事務屋でも出来る仕事だ・・ばかばかしい。勉強できないのは努力が足りないと常套手段か・・高校入試を光圀の印籠みたいに出して・・ほとんどの親を黙らせる。東京で公立離れが加速している意味が良く分かった。勉強は、家か塾で教えるしかない。

そういえば、入学式の国歌も校歌も・・歌っている生徒はほとんど皆無・・・・国歌は歌うのがおかしいというような雰囲気。東京都教育委員会は、3月の卒業式で一度、直接確かめられたらどうでしょうか。



何も大声を張り上げて歌う必要もないが・・全く、国歌を歌う声が響いてこない・・こんな事でいいのか・・・教育長の山田雄三氏は、真摯に取り組んでおられると思えないか。



いずれにしても、どういう風に指導すればああなるのか・・知りたいものだ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/09/10 05:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ゆうみ

Author:ゆうみ
いじめの問題に取り組んでいます。何かお気づきのことがあれば教えてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。