いじめは犯罪だ!! 町田市立忠生第三小学校・いじめ裁判〔どんと来-い〕
いじめは人が本来持っている、命の尊厳や誇り存在を徹底的に否定する犯罪行為です。町田市忠生第三小学校でも、長年「死ね」「消えろ」の暴言、暴力行為が絶えず、多くの子が傷つき転校していきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

北京五輪であの歌唱祖国を歌った女の子は、林妙可さん9歳の小学3年生

北京五輪であの歌唱祖国を歌った女の子は、林妙可さん9歳の小学3年生


北京オリンピックの開会式で9歳の子が歌った「愛唱祖国」と言う歌。国旗掲揚、さらには、聖火の点火式の時にも歌われた曲だ。

歌を歌ったのは林 妙可という9歳の女子。この女の子に中国中の熱い眼差しが注がれている。8月8日の開会式が終わった後から、中国国内の何十、何百と言う新聞社が取り上げ始めた。そして今度は、中国中央電子台までが取材し放送を始めた。これまで子役で何回かコマーシャルなどに出ていたようだが・・妙可さんに決定したのが7月30日・・おそらく何人かの候補者が長い練習を続けていたのだろう。妙可さんのことを簡単に紹介すると

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846


北京市东城区西中街小学(校)に在学 小学3年生 
西中街小学の児童数1100人
特技は、民族舞踊・歌・ピアノなど

中国に限らず日本のどこにもいるような気さくな女の子だ。フランスなど海外の記者等含めて取材が殺到しているらしい。(翻訳に自信がないため)・・この子は、普通の生活を送って欲しいと思う強く感じの子だが・・・。

 【北京市の西中街小学(校)でCCTVから取材される妙可さん】
http://jp.youtube.com/watch?v=qWtxbyiIOFk&feature=related 8月11日午後2時前後200アクセス未満・・・明日になると20倍くらいアクセスがふえるかも???

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

 【独唱の最終決定1週間後の8月5日、鳥の巣の練習から帰る妙可さんと母親、右後方に父親。メインスタジアムをバックに。この映像は、中国人でも探すのが難しいかも】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

http://jp.youtube.com/watch?v=USCFk47OX-o

 【会場への出入証明書・・この画像削除されるかも知れません。まだまさか自分が選ばれるとは思っていないから余裕の表情・候補になっていたので期待をしていたかも】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846


 【この歌には十億人以上の人々の願い゛が込められている・・立派に役割を果たす。この子の今後の運命を大きく左右する可能性が高い・・・考えてしまいます・・。】
http://jp.youtube.com/watch?v=USCFk47OX-o

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

【8月9日の午前2時くらいで200前後のアクセスが8月11日現在で12770前後を越えました。】

この女の子のことはともかく、なぜ「愛唱祖国」が中国のたくさんの方に愛されているか、相手の事を知る必要がある。この歌を作詞・作曲したのは王 莘氏1918年生まれで2007年10月15日没 享年89歳。幼少より音楽を好む。両親は、王莘氏(王莘耕)を作曲家へ育て上げようとするが家が貧しく断念。中学へも進学できず上海で百貨店の見習い店員などの仕事に従事する。1935年の上海事変等きっかけに抗日運動へ参加。この歌は1950年ごろ作詞・作曲されたものと思われる。感動的ないきさつがあるが翻訳に自信がないので触れないことにする。(王氏に関する私の記載も、翻訳が不正確、間違いもあるかもしれませんのであしからず。)

王莘氏は、天津市を中心に活躍。墓地は天津市にある。墓石はピアノの形をしている。墓石の左側には鍵盤が、右側には 人民音楽家・王莘の名とブロンズ像がはめ込んである。正面には歌唱祖国の楽譜と歌詞が刻まれている。中国で慕われているこれだけの音楽家に関する日本語での情報はネット上では皆無。本当に驚かされた。享年89歳。この歌がオリンピックでの披露まであと1年というところで逝去された。悔やまれますね。

 【晩年の王莘氏・五星紅旗右側主に天津市で活躍】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

8月8日時点で、これを日本語に翻訳されている方はネット上では皆無でした。8月8日王夫人は、この妙可さんの歌を聞き、大変感動されたと、中国の多数の新聞に掲載されていました。王莘氏は、脳梗塞で倒れかなり長い闘病生活をされていましたが・それでも大変な仕事をたくさんされているようです。この音楽家の日本語の紹介はネット上では、皆無ですので、今月中に翻訳を依頼して人となりを調べるつもりです。


『歌唱祖国』の歌詞 一番のみ抜粋  (日本語訳 by 阿姐) この方が、ネット上でこの歌の翻訳を初めて公開されたと思います。
 (日本語訳 by 阿姐)ハンドルネームだと思います。勝手に引用して申し訳ありません。中国では、中学1年の教科書にのっているそうです。

『歌唱祖国』の歌詞 一番のみ抜粋

五星紅旗迎風飄揚、勝利歌声多么響亮
歌唱我們親愛的祖国、従今走向繁栄富強
越過高山、越過平原、跨過奔騰的黄河長江
寛広美麗的土地、是我们親愛的家郷
英雄的人民站起来了!我們団結友愛堅強如鋼

五星紅旗が風にはためく、勝利の歌声はあんなにも響き渡る
我らの親愛なる祖国を歌いたたえる、今から繁栄富強に向かって歩きだす
高い山々を越えて、平原を越えて、激しい黄河長江を跨ぎ
広々と美しい大地、これが我らの親愛なる故郷
人民の英雄が立ち上がった!我らの団結友愛は鋼の如く頑強だ
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2008/08/11 17:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

北京五輪であの歌唱祖国を歌った女の子は、林妙可さん9歳の小学3年生

 北京五輪であの歌唱祖国を歌った女の子は、林妙可さん9歳の小学3年生


北京オリンピックの開会式で9歳の子が歌った「愛唱祖国」と言う歌。国旗掲揚、さらには、聖火の点火式の時にも歌われた曲だ。

歌を歌ったのは林 妙可という9歳の女子。この女の子に中国中の熱い眼差しが注がれている。8月8日の開会式が終わった後から、中国国内の何十、何百と言う新聞社が取り上げ始めた。そして今度は、中国中央電子台までが取材し放送を始めた。これまで子役で何回かコマーシャルなどに出ていたようだが・・妙可さんに決定したのが7月30日・・おそらく何人かの候補者が長い練習を続けていたのだろう。妙可さんのことを簡単に紹介すると

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846


北京市东城区西中街小学(校)に在学 小学3年生 
西中街小学の児童数1100人
特技は、民族舞踊・歌・ピアノなど

中国に限らず日本のどこにもいるような気さくな女の子だ。フランスなど海外の記者等含めて取材が殺到しているらしい。(翻訳に自信がないため)・・この子は、普通の生活を送って欲しいと思う強く感じの子だが・・・。

 【北京市の西中街小学(校)でCCTVから取材される妙可さん】
http://jp.youtube.com/watch?v=qWtxbyiIOFk&feature=related 8月11日午後2時前後200アクセス未満・・・明日になると20倍くらいアクセスがふえるかも???

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

 【独唱の最終決定1週間後の8月5日、鳥の巣の練習から帰る妙可さんと母親、右後方に父親。メインスタジアムをバックに。この映像は、中国人でも探すのが難しいかも】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

http://jp.youtube.com/watch?v=USCFk47OX-o

 【会場への出入証明書・・この画像削除されるかも知れません。まだまさか自分が選ばれるとは思っていないから余裕の表情・候補になっていたので期待をしていたかも】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846


 【この歌には十億人以上の人々の願い゛が込められている・・立派に役割を果たす。この子の今後の運命を大きく左右する可能性が高い・・・考えてしまいます・・。】
http://jp.youtube.com/watch?v=USCFk47OX-o

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

【8月9日の午前2時くらいで200前後のアクセスが8月11日現在で12770前後を越えました。】

この女の子のことはともかく、なぜ「愛唱祖国」が中国のたくさんの方に愛されているか、相手の事を知る必要がある。この歌を作詞・作曲したのは王 莘氏1918年生まれで2007年10月15日没 享年89歳。幼少より音楽を好む。両親は、王莘氏(王莘耕)を作曲家へ育て上げようとするが家が貧しく断念。中学へも進学できず上海で百貨店の見習い店員などの仕事に従事する。1935年の上海事変等きっかけに抗日運動へ参加。この歌は1950年ごろ作詞・作曲されたものと思われる。感動的ないきさつがあるが翻訳に自信がないので触れないことにする。(王氏に関する私の記載も、翻訳が不正確、間違いもあるかもしれませんのであしからず。)

王莘氏は、天津市を中心に活躍。墓地は天津市にある。墓石はピアノの形をしている。墓石の左側には鍵盤が、右側には 人民音楽家・王莘の名とブロンズ像がはめ込んである。正面には歌唱祖国の楽譜と歌詞が刻まれている。中国で慕われているこれだけの音楽家に関する日本語での情報はネット上では皆無。本当に驚かされた。享年89歳。オリンピックでの披露まであと1年というところで逝去された。悔やまれますね。

 【晩年の王莘氏・五星紅旗右側主に天津市で活躍】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

8月8日時点で、これを日本語に翻訳されている方はネット上では皆無でした。8月8日王夫人は、この妙可さんの歌を聞き、大変感動されたと、中国の多数の新聞に掲載されていました。王莘氏は、脳梗塞で倒れかなり長い闘病生活をされていましたが・それでも大変な仕事をたくさんされているようです。この音楽家の日本語の紹介はネット上では、皆無ですので、今月中に翻訳を依頼して人となりを調べるつもりです。


『歌唱祖国』の歌詞 一番のみ抜粋  (日本語訳 by 阿姐) この方が、ネット上でこの歌の翻訳を初めて公開されたと思います。
 (日本語訳 by 阿姐)ハンドルネームだと思います。勝手に引用して申し訳ありません。中国では、中学1年の教科書にのっているそうです。

『歌唱祖国』の歌詞 一番のみ抜粋

五星紅旗迎風飄揚、勝利歌声多么響亮
歌唱我們親愛的祖国、従今走向繁栄富強
越過高山、越過平原、跨過奔騰的黄河長江
寛広美麗的土地、是我们親愛的家郷
英雄的人民站起来了!我們団結友愛堅強如鋼

五星紅旗が風にはためく、勝利の歌声はあんなにも響き渡る
我らの親愛なる祖国を歌いたたえる、今から繁栄富強に向かって歩きだす
高い山々を越えて、平原を越えて、激しい黄河長江を跨ぎ
広々と美しい大地、これが我らの親愛なる故郷
人民の英雄が立ち上がった!我らの団結友愛は鋼の如く頑強だ

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/08/11 17:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

北京五輪であの歌唱祖国を歌った女の子は、林妙可さん9歳の小学3年生

 北京五輪であの歌唱祖国を歌ったの女の子は、林妙可さん9歳の小学3年生


北京オリンピックの開会式で9歳の子が歌った「愛唱祖国」と言う歌。国旗掲揚、さらには、聖火の点火式の時にも歌われた曲だ。

歌を歌ったのは林 妙可という9歳の女子。この女の子に中国中の熱い眼差しが注がれている。8月8日の開会式が終わった後から、中国国内の何十、何百と言う新聞社が取り上げ始めた。そして今度は、中国中央電子台までが取材し放送を始めた。これまで子役で何回かコマーシャルなどに出ていたようだが・・妙可さんに決定したのが7月30日・・おそらく何人かの候補者が長い練習を続けていたのだろう。妙可さんのことを簡単に紹介すると

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846


北京市东城区西中街小学(校)に在学 小学3年生 
西中街小学の児童数1100人
特技は、民族舞踊・歌・ピアノなど

中国に限らず日本のどこにもいるような気さくな女の子だ。フランスなど海外の記者等含めて取材が殺到しているらしい。(翻訳に自信がないため)・・この子は、普通の生活を送って欲しいと思う強く感じの子だが・・・。

 【北京市の西中街小学(校)でCCTVから取材される妙可さん】
http://jp.youtube.com/watch?v=qWtxbyiIOFk&feature=related 8月11日午後2時前後200アクセス未満・・・明日になると20倍くらいアクセスがふえるかも???

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

 【独唱の最終決定1週間後の8月5日、鳥の巣の練習から帰る妙可さんと母親、右後方に父親。メインスタジアムをバックに。この映像は、中国人でも探すのが難しいかも】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

http://jp.youtube.com/watch?v=USCFk47OX-o

 【会場への出入証明書・・この画像削除されるかも知れません。まだまさか自分が選ばれるとは思っていないから余裕の表情・候補になっていたので期待をしていたかも】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846


 【この歌には十億人以上の人々の願い゛が込められている・・立派に役割を果たす。この子の今後の運命を大きく左右する可能性が高い・・・考えてしまいます・・。】
http://jp.youtube.com/watch?v=USCFk47OX-o

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

【8月9日の午前2時くらいで200前後のアクセスが8月11日現在で12770前後を越えました。】

この女の子のことはともかく、なぜ「愛唱祖国」が中国のたくさんの方に愛されているか、相手の事を知る必要がある。この歌を作詞・作曲したのは王 莘氏1918年生まれで2007年10月15日没 享年89歳。幼少より音楽を好む。両親は、王莘氏(王莘耕)を作曲家へ育て上げようとするが家が貧しく断念。中学へも進学できず上海で百貨店の見習い店員などの仕事に従事する。1935年の上海事変等きっかけに抗日運動へ参加。この歌は1950年ごろ作詞・作曲されたものと思われる。感動的ないきさつがあるが翻訳に自信がないので触れないことにする。(王氏に関する私の記載も、翻訳が不正確、間違いもあるかもしれませんのであしからず。)

王莘氏は、天津市を中心に活躍。墓地は天津市にある。墓石はピアノの形をしている。墓石の左側には鍵盤が、右側には 人民音楽家・王莘の名とブロンズ像がはめ込んである。正面には歌唱祖国の楽譜と歌詞が刻まれている。中国で慕われているこれだけの音楽家に関する日本語での情報はネット上では皆無。本当に驚かされた。享年89歳。この極の披露まであと1年というところで逝去された。悔やまれますね。

 【晩年の王莘氏・五星紅旗右側主に天津市で活躍】

画像は、以下URLから
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/676846

8月8日時点で、これを日本語に翻訳されている方はネット上では皆無でした。8月8日王夫人は、この妙可さんの歌を聞き、大変感動されたと、中国の多数の新聞に掲載されていました。王莘氏は、脳梗塞で倒れかなり長い闘病生活をされていましたが・それでも大変な仕事をたくさんされているようです。この音楽家の日本語の紹介はネット上では、皆無ですので、今月中に翻訳を依頼して人となりを調べるつもりです。


『歌唱祖国』の歌詞 一番のみ抜粋  (日本語訳 by 阿姐) この方が、ネット上でこの歌の翻訳を初めて公開されたと思います。
 (日本語訳 by 阿姐)ハンドルネームだと思います。勝手に引用して申し訳ありません。中国では、中学1年の教科書にのっているそうです。

『歌唱祖国』の歌詞 一番のみ抜粋

五星紅旗迎風飄揚、勝利歌声多么響亮
歌唱我們親愛的祖国、従今走向繁栄富強
越過高山、越過平原、跨過奔騰的黄河長江
寛広美麗的土地、是我们親愛的家郷
英雄的人民站起来了!我們団結友愛堅強如鋼

五星紅旗が風にはためく、勝利の歌声はあんなにも響き渡る
我らの親愛なる祖国を歌いたたえる、今から繁栄富強に向かって歩きだす
高い山々を越えて、平原を越えて、激しい黄河長江を跨ぎ
広々と美しい大地、これが我らの親愛なる故郷
人民の英雄が立ち上がった!我らの団結友愛は鋼の如く頑強だ

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【2008/08/11 17:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

お父さんを刺した後は、母と弟は殺せなかった・浦和実業中学3年女子謝罪

お父さんを刺した後は、母と弟は殺せなかった・浦和実業中学3年女子謝罪

「家族を殺し、自分も死のうと思った」「お父さんを殺して、ごめんなさい」と少女が謝罪。「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。」英語の追試が行われた日、弟の擬声の声で「風邪で休みます。」やはり、父親を手にかけた少女は、学校等のプレッシャーに負けてしまっていたのだ。

「お父さんを殺して、ごめんなさい」、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と謝罪する少女・・100%近い子どもが高等教育を受ける日本。それと社会がよくなっていく事はイコールではないことは、殺傷の連鎖が止まらない日本をみて強く感じる事だ。

画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/
浦和実業中学校に通う少女の父親を殺害する原因についての真摯な論議をされていたスレッドが削除されしまったが・・いくつか保存しておいて良かったと思う。今回の事件は、浦和実業学園中学校だけではなく全私立中学、公立中学に通わせる親たちが真剣に考えるべき問題だと痛感した。


以下、毎日新聞より部分引用

埼玉県川口市で私立中3年の長女(15)が父親(46)を刺殺したとされる事件で、長女が県警の調べに「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。家族を殺し、自分も死のうと思った」と話し始めたことが2日分かった。成績が下がり気味だったことや、問題を心の中に抱え込みがちな性格も影響しているとみて慎重に調べを進める。

 捜査関係者によると、長女は初めて涙を流し「お父さんを殺して、ごめんなさい」と謝罪。「お父さんが家族を殺す夢を見て、殺そうと思った」とうそをついたと認め、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と、母親(49)や弟(12)も殺害するつもりだったことを打ち明けた。

画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/


 これまでは調べに黙り込むことが多かった。「本当のことを言うと、お母さんや弟につらい思いをさせるから言い出せなかった。家族を恨んだり、憎んだりしていなかった」と話しており、県警はようやく真相を話す心境になったとみている。


受験と教育・・スポンサーは、ほとんどが私立中学・高校・・・川口での少女による父親刺殺事件・・動機が見えない中で、小さなスレッドで真摯な論議が為されていた

どなたか知らないが浦和実業中学の実名でスレッドが立てられた・「動機は何でしょう・・・・。」との問いつづいて

「・・を出す必要ないのでは? 」「学校は無関係でしょ。 」「削除をお願いします。」の書き込みが・・・・おそらく関係者だと思うが・・それに対する真摯な意見が多数学校の実名をだし論議が為されていた・・・3日前後に削除された。

おそらく関係者がモニターを続けていたのだろう・・果たして英語の追試、弟の声を偽装してまで・避けたかったことは事実だろう・・少なくともこの追試と事件が無関係だとはいえない。躓きにもろい少女の姿も見え隠れするが・・・・


 【少女が通っていた中高一貫校・・英語教育に力を入れていた】
画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/



以下、消されたスレッド・?

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1281,985386【現在は存在しません】

実名を出したスレッドに対する意見から引用

レス・1

「・・を出す必要ないのでは? 」「学校は無関係でしょ。 」「削除をお願いします。」に対する意見

レス・2

「浦和実業学園中学校の名前が出された事について。一概に無関係とは言えません。浦和実業学園は英語を目玉にしている部分もあります。例えば3年生対象にした20日間のハワイ短期留学。現に父親を殺害してしまった同校の3年少女も英検3級を取得していました。さらに7月18日英語の追試を受けることになっていました。それを無断欠席した。この学校での英語の追試と今回の事件は無関係とは言えません。父親は、娘が無断欠席とたこと、英語の追試を受けなかったことで急遽帰宅したようです。その後チキンカレーづくりです。なんとか娘に立ち直って欲しいとの親心を感じるのですが・・・。
 ここで学校は無関係だ・・個人の問題だ、家庭の問題だと冷酷に突き放していいでしょうか・・報道機関は、生徒への影響を考え、学校名は報道していませんが・・全てを本人、家庭の責任にして・学校は安全圏にいて嵐の過ぎるのをじっと待つスタンスでしょうか。」
画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/

レス・3

「もちろん、学校との関係は大いにありです。
浦和実業中学はまだ新しい学校で、なんとか実績を出そうと
先生方もやる気満々、でもそれにストレスを感じている生徒は多いと思います。
御三家に入れるお子様ではないのです。小学生時代、親にお尻をたたかれやっと入れたという生徒が多いでしょう。


中学受験では勉強しなかった英語に力を入れられ、どんどん進めていく授業についていくのは大変です。 多分、埼玉の大学付属校以外の私立中学はみんなこんなものだと思います。


中高一貫に入った生徒はみんな本当に大変なのです。 勉強だけではない、中学時代に学ばなければいけないことを学ぶゆとりがないのです。


この事件は浦和実業に限らず、私立中全体が考えなければならない事件です。 中学、高校生にとって、学校という場所は一番の悩みの場所なのです。 勉強もしなければいけない、ついていけなければ退学もある、
さらに友人関係の悩みもあり、ストレスのあまり、親の普通の小言が
発端となってしまうのかもしれません。

家庭の問題だけでは済まされない事件です。 学校関係の方々には本当に深く考えていただきたいものです。」

画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/08/03 18:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

お父さんを刺した後は、母と弟は殺せなかった・浦和実業中学3年女子謝罪

お父さんを刺した後は、母と弟は殺せなかった・浦和実業中学3年女子謝罪

「家族を殺し、自分も死のうと思った」「お父さんを殺して、ごめんなさい」と少女が謝罪。「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。」英語の追試が行われた日、弟の擬声の声で「風邪で休みます。」やはり、父親を手にかけた少女は、学校等のプレッシャーに負けてしまっていたのだ。

「お父さんを殺して、ごめんなさい」、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と謝罪する少女・・100%近い子どもが高等教育を受ける日本。それと社会がよくなっていく事はイコールではないことは、殺傷の連鎖が止まらない日本をみて強く感じる事だ。

画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/
浦和実業中学校に通う少女の父親を殺害する原因についての真摯な論議をされていたスレッドが削除されしまったが・・いくつか保存しておいて良かったと思う。今回の事件は、浦和実業学園中学校だけではなく全私立中学、公立中学に通わせる親たちが真剣に考えるべき問題だと痛感した。


以下、毎日新聞より部分引用

埼玉県川口市で私立中3年の長女(15)が父親(46)を刺殺したとされる事件で、長女が県警の調べに「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。家族を殺し、自分も死のうと思った」と話し始めたことが2日分かった。成績が下がり気味だったことや、問題を心の中に抱え込みがちな性格も影響しているとみて慎重に調べを進める。

 捜査関係者によると、長女は初めて涙を流し「お父さんを殺して、ごめんなさい」と謝罪。「お父さんが家族を殺す夢を見て、殺そうと思った」とうそをついたと認め、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と、母親(49)や弟(12)も殺害するつもりだったことを打ち明けた。

画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/


 これまでは調べに黙り込むことが多かった。「本当のことを言うと、お母さんや弟につらい思いをさせるから言い出せなかった。家族を恨んだり、憎んだりしていなかった」と話しており、県警はようやく真相を話す心境になったとみている。


受験と教育・・スポンサーは、ほとんどが私立中学・高校・・・川口での少女による父親刺殺事件・・動機が見えない中で、小さなスレッドで真摯な論議が為されていた

どなたか知らないが浦和実業中学の実名でスレッドが立てられた・「動機は何でしょう・・・・。」との問いつづいて

「・・を出す必要ないのでは? 」「学校は無関係でしょ。 」「削除をお願いします。」の書き込みが・・・・おそらく関係者だと思うが・・それに対する真摯な意見が多数学校の実名をだし論議が為されていた・・・3日前後に削除された。

おそらく関係者がモニターを続けていたのだろう・・果たして英語の追試、弟の声を偽装してまで・避けたかったことは事実だろう・・少なくともこの追試と事件が無関係だとはいえない。躓きにもろい少女の姿も見え隠れするが・・・・


 【少女が通っていた中高一貫校・・英語教育に力を入れていた】
画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/



以下、消されたスレッド・?

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1281,985386【現在は存在しません】

実名を出したスレッドに対する意見から引用

レス・1

「・・を出す必要ないのでは? 」「学校は無関係でしょ。 」「削除をお願いします。」に対する意見

レス・2

「浦和実業学園中学校の名前が出された事について。一概に無関係とは言えません。浦和実業学園は英語を目玉にしている部分もあります。例えば3年生対象にした20日間のハワイ短期留学。現に父親を殺害してしまった同校の3年少女も英検3級を取得していました。さらに7月18日英語の追試を受けることになっていました。それを無断欠席した。この学校での英語の追試と今回の事件は無関係とは言えません。父親は、娘が無断欠席とたこと、英語の追試を受けなかったことで急遽帰宅したようです。その後チキンカレーづくりです。なんとか娘に立ち直って欲しいとの親心を感じるのですが・・・。
 ここで学校は無関係だ・・個人の問題だ、家庭の問題だと冷酷に突き放していいでしょうか・・報道機関は、生徒への影響を考え、学校名は報道していませんが・・全てを本人、家庭の責任にして・学校は安全圏にいて嵐の過ぎるのをじっと待つスタンスでしょうか。」
画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/

レス・3

「もちろん、学校との関係は大いにありです。
浦和実業中学はまだ新しい学校で、なんとか実績を出そうと
先生方もやる気満々、でもそれにストレスを感じている生徒は多いと思います。
御三家に入れるお子様ではないのです。小学生時代、親にお尻をたたかれやっと入れたという生徒が多いでしょう。


中学受験では勉強しなかった英語に力を入れられ、どんどん進めていく授業についていくのは大変です。 多分、埼玉の大学付属校以外の私立中学はみんなこんなものだと思います。


中高一貫に入った生徒はみんな本当に大変なのです。 勉強だけではない、中学時代に学ばなければいけないことを学ぶゆとりがないのです。


この事件は浦和実業に限らず、私立中全体が考えなければならない事件です。 中学、高校生にとって、学校という場所は一番の悩みの場所なのです。 勉強もしなければいけない、ついていけなければ退学もある、
さらに友人関係の悩みもあり、ストレスのあまり、親の普通の小言が
発端となってしまうのかもしれません。

家庭の問題だけでは済まされない事件です。 学校関係の方々には本当に深く考えていただきたいものです。」

画像は以下URLへ
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/666643/

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

【2008/08/03 08:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)

「家族を殺し、自分も死のうと思った」・浦和実業中学3年女子

「家族を殺し、自分も死のうと思った」「お父さんを殺して、ごめんなさい」と少女が謝罪。「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。」英語の追試が行われた日、弟の擬声の声で「風邪で休みます。」やはり、父親を手にかけた少女は、学校等のプレッシャーに負けてしまっていたのだ。

「お父さんを殺して、ごめんなさい」、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と謝罪する少女・・100%近い子どもが高等教育を受ける日本。それと社会がよくなっていく事はイコールではないことは、殺傷の連鎖が止まらない日本をみて強く感じる事だ。

浦和実業中学校に通う少女の父親を殺害する原因についての真摯な論議をされていたスレッドが削除されしまったが・・いくつか保存しておいて良かったと思う。今回の事件は、浦和実業学園中学校だけではなく全私立中学、公立中学に通わせる親たちが真剣に考えるべき問題だと痛感した。


以下、毎日新聞より部分引用

埼玉県川口市で私立中3年の長女(15)が父親(46)を刺殺したとされる事件で、長女が県警の調べに「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。家族を殺し、自分も死のうと思った」と話し始めたことが2日分かった。成績が下がり気味だったことや、問題を心の中に抱え込みがちな性格も影響しているとみて慎重に調べを進める。

 捜査関係者によると、長女は初めて涙を流し「お父さんを殺して、ごめんなさい」と謝罪。「お父さんが家族を殺す夢を見て、殺そうと思った」とうそをついたと認め、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と、母親(49)や弟(12)も殺害するつもりだったことを打ち明けた。

 これまでは調べに黙り込むことが多かった。「本当のことを言うと、お母さんや弟につらい思いをさせるから言い出せなかった。家族を恨んだり、憎んだりしていなかった」と話しており、県警はようやく真相を話す心境になったとみている。


受験と教育・・スポンサーは、ほとんどが私立中学・高校・・・川口での少女による父親刺殺事件・・動機が見えない中で、小さなスレッドで真摯な論議が為されていた

どなたか知らないが浦和実業中学の実名でスレッドが立てられた・「動機は何でしょう・・・・。」との問いつづいて

「・・を出す必要ないのでは? 」「学校は無関係でしょ。 」「削除をお願いします。」の書き込みが・・・・おそらく関係者だと思うが・・それに対する真摯な意見が多数学校の実名をだし論議が為されていた・・・3日前後に削除された。

おそらく関係者がモニターを続けていたのだろう・・果たして英語の追試、弟の声を偽装してまで・避けたかったことは事実だろう・・少なくともこの追試と事件が無関係だとはいえない。躓きにもろい少女の姿も見え隠れするが・・・・


 【少女が通っていた中高一貫校・・英語教育に力を入れていた】


以下、消されたスレッド・?

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1281,985386【現在は存在しません】

実名を出したスレッドに対する意見から引用

レス・1

「・・を出す必要ないのでは? 」「学校は無関係でしょ。 」「削除をお願いします。」に対する意見

レス・2

「浦和実業学園中学校の名前が出された事について。一概に無関係とは言えません。浦和実業学園は英語を目玉にしている部分もあります。例えば3年生対象にした20日間のハワイ短期留学。現に父親を殺害してしまった同校の3年少女も英検3級を取得していました。さらに7月18日英語の追試を受けることになっていました。それを無断欠席した。この学校での英語の追試と今回の事件は無関係とは言えません。父親は、娘が無断欠席とたこと、英語の追試を受けなかったことで急遽帰宅したようです。その後チキンカレーづくりです。なんとか娘に立ち直って欲しいとの親心を感じるのですが・・・。
 ここで学校は無関係だ・・個人の問題だ、家庭の問題だと冷酷に突き放していいでしょうか・・報道機関は、生徒への影響を考え、学校名は報道していませんが・・全てを本人、家庭の責任にして・学校は安全圏にいて嵐の過ぎるのをじっと待つスタンスでしょうか。」


レス・3

「もちろん、学校との関係は大いにありです。
浦和実業中学はまだ新しい学校で、なんとか実績を出そうと
先生方もやる気満々、でもそれにストレスを感じている生徒は多いと思います。
御三家に入れるお子様ではないのです。小学生時代、親にお尻をたたかれやっと入れたという生徒が多いでしょう。


中学受験では勉強しなかった英語に力を入れられ、どんどん進めていく授業についていくのは大変です。 多分、埼玉の大学付属校以外の私立中学はみんなこんなものだと思います。


中高一貫に入った生徒はみんな本当に大変なのです。 勉強だけではない、中学時代に学ばなければいけないことを学ぶゆとりがないのです。


この事件は浦和実業に限らず、私立中全体が考えなければならない事件です。 中学、高校生にとって、学校という場所は一番の悩みの場所なのです。 勉強もしなければいけない、ついていけなければ退学もある、
さらに友人関係の悩みもあり、ストレスのあまり、親の普通の小言が
発端となってしまうのかもしれません。


家庭の問題だけでは済まされない事件です。 学校関係の方々には本当に深く考えていただきたいものです。」

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/08/03 07:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

お父さんを殺して、ごめんなさい浦和実業中学校3年女子語る

お父さんを殺して、ごめんなさい浦和実業中学校3年女子語る

やはり、父親を手にかけた少女は、学校等のプレッシャーに負けてしまっていたのだ。浦和実業中学校に通う少女の父親を殺害する原因についての真摯な論議をされていたスレッドが削除されしまったが・・いくつか保存しておいて良かったと思う。今回の事件は、浦和実業学園中学校だけではなく全私立中学、公立中学に通わせる親たちが真剣に考えるべき問題だと痛感した。

以下、毎日新聞より引用

埼玉県川口市で私立中3年の長女(15)が父親(46)を刺殺したとされる事件で、長女が県警の調べに「すべて嫌になった。人に気を使って生きるのに疲れた。家族を殺し、自分も死のうと思った」と話し始めたことが2日分かった。成績が下がり気味だったことや、問題を心の中に抱え込みがちな性格も影響しているとみて慎重に調べを進める。

 捜査関係者によると、長女は初めて涙を流し「お父さんを殺して、ごめんなさい」と謝罪。「お父さんが家族を殺す夢を見て、殺そうと思った」とうそをついたと認め、「すべての人間関係が嫌だった。気を使って生きるのに疲れた。自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った。お父さんを刺した後は放心状態になり、母と弟は殺せなかった」と、母親(49)や弟(12)も殺害するつもりだったことを打ち明けた。

 これまでは調べに黙り込むことが多かった。「本当のことを言うと、お母さんや弟につらい思いをさせるから言い出せなかった。家族を恨んだり、憎んだりしていなかった」と話しており、県警はようやく真相を話す心境になったとみている。

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【2008/08/03 07:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ゆうみ

Author:ゆうみ
いじめの問題に取り組んでいます。何かお気づきのことがあれば教えてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。